マッチングアプリ

【口コミ・評判】既婚者アプリCuddleカドルって実際どう?料金は高い?現利用者が徹底解説!

既婚者向けマッチングアプリ「Cuddleカドル」が気になっているものの、

「実際にどれだけマッチする?」
「利用者の口コミ・評判を知りたい!」

という方のために、利用者が徹底解説します。

この記事を書いている人:アラフォーのひげ
既婚者クラブの利用3ヶ月で150マッチ。10人以上とデートしてセフレを量産しました。今は既クラで見つけた彼女とイチャイチャ中。Cuddleカドルも利用を2022年11月から開始しました。マッチングアプリ歴3年で経験人数150人以上と致してきました。

ぶっちゃけ、Cuddleカドルは利用者数がちょっと寂しいかな……という感じなんですが、ライトな目的として使うなら全然アリだと思います。

とはいえ利用者数は結構大きな話です。
まずはあなたのお住まいの地域にどれだけ人がいるかチェックしましょう。お互いLIKEし合うまでは無料です。ライバルに良い人を取られちゃう前に登録しておきましょう!

公式サイトで無料登録する

>>Cuddleカドルの公式サイトで無料登録する

自分の地域では登録者が少ないという方や、そもそももっと真面目な出会いがしたい、という方は違うアプリの方がおすすめです。以下の記事で詳しく解説してます。
>>カドル以外のマッチングアプリのおすすめ解説記事

既婚者向けマッチングアプリ「Cuddleカドル」の特徴

まずはCuddleカドルの特徴について解説します。

  • ユーザーは既婚者のみで安心
  • スワイプするだけで簡単にマッチ
  • 年齢確認や写真の限定公開など既婚者に嬉しい安全性

ユーザーは既婚者のみ。既婚者同士ということで安心して出会えます。
ただ証拠書類を提出するわけではないです。出せって言われても困りますけどね笑

アプリの使い方も簡単。登録も3分もあれば完了します。

ログイン後は異性の写真が表示されるので、いいねorダメを押すだけ。相手のプロフィールを絞り込みして検索するとか、面倒くさいことは一切ありません

ほぼ思考停止でシャッとするだけ。これはマジで楽です。あとはマッチした中から良い人とやりとりすればOKです。

安全面では年齢確認があるのはもちろん、みんなが見れるオープンな場所の写真と限定して公開する写真の出し分けができます。
このあたりは既婚者向けとしてよく考えられているポイントだと思います!

あとは悪質なコミュニケーションがあった場合の対応方法も公開されているので安心だと思います!

>>Cuddleカドルの公式サイトで無料登録する

Cuddleカドルの料金

続いてCuddleカドルの料金について解説します。料金表は以下の通りです。女子裏山……!

性別男性女性
無料のままで出来ること・相手へのLIKE(1日10人まで)
・相手からのLIKE受け取り
・検索条件の絞り込み
全ての機能
(やりとりは年齢確認が必要)
月額料金(税込)1ヶ月 9,980円 →裏技あり
3ヶ月 7,980円/月(23,940円)
6ヶ月 5,980円/月(35,880円)
12ヶ月 3,980円(47,760円)
同上
月額料金でできること・マッチ後メッセージし放題
・自分をLikeした人が見れる
同上
追加オプション(税込)1ヶ月 4,980円
3ヶ月 3,980円/月(11,940円)
6ヶ月 2,980円/月(17,880円)
12ヶ月 1,980円/月(23,760円)
同上
追加でできること1日のLIKE上限が30人に増枠同上

男性の場合、課金しないとメッセージが送れません。実質的に「有料必須アプリ」だと言えます。送り放題の設定になっているのは良心的だと思います。後述しますが、初月の会費を安くする裏技もあります。

あと追加オプションでLIKEする上限が10→30人に増枠できます。ただし地域にお相手がいないと意味がないので、地域を考えないと無意味な投資になるのでご注意ください。

女性は全ての機能を無料で使えますが、年齢確認(※)をしないとメッセージのやりとりは出来ません。

(※)年齢確認は免許証、マイナンバー、パスポート、住基カードなどの登録が必要です。

公式ページには、「LINEの機能を使っておりデータ保存を運営がすることがない」という記載があるので安心だと思います。

そもそも、男性料金がちょっと高いかな……と思うかもしれませんが、本当に質が良い出会いがあるかの方が重要です。

例えば、Cuddleカドルを使って趣味性格の合う10人とデートすると1人あたり1000円。このコスパをどう高めるのか考える方が建設的だと思います。コンパやキャバクラで1万円払うとどっちがコスパが良いか、冷静に考えるのをオススメします……

実際に使っている人に本音を聞いてみた

Cuddleカドルを使っている人に、使い心地ぶっちゃけどうです??っていうのを聞いてみました!

【男性】知り合いのヘビーユーザーさんのご意見

一言でいうと、人が少ないのがネック!!というご意見です。

【男性】運営しているオンラインサロンのメンバー

どの男性も写真が重要!という点は多くの方が指摘しているポイントです。

登録して早めに追加認証を求められる場合もあるようです。追加認証は顔写真と自撮りが必要なのでちょっとハードル高いですね……

【女性】様々なマッチングアプリを試してる40代

既婚者クラブをはじめ様々なアプリを使っている知人女性にも質問。

また、会員数が少ないという指摘ですね……。あとは男性の使い方がまだ定まっていない様子が見られるようです。これはプロフを整えるだけ、とも言えるのは男性にとってはチャンスだと思います。

ツイッターにアップされてるCuddleカドルの良い口コミ評判

ここからはツイッターで調べたCuddleカドルの口コミ・評判について紹介していきます。まずは良い口コミ・評判から。

tinderのような印象で良さそう

サイトが軽くて良い

https://twitter.com/Tq4pp/status/1600475638309134340

慣れた人が多そう

良い口コミ評判のまとめ・考察

アプリとしての評価は良くも悪くもカジュアルであること。

目的としても遊び〜気軽な友達探しが多く、使い心地もtinderのようなスワイプで直感的に使えることに対する評価が多かった。

Cuddleカドルの悪い口コミ評判

登録者が少ない

エロ目的は規約違反になる

ちなみに追加認証が必要になると、口コミがあったタイミングは以下です。

  • 男性だけに求められる
  • エロプロフを設定
  • 顔写真以外を設定

運営に聞いたわけではないので上記は参考までに。

いいね数の上限があるのが不便(マッチしづらい?)

プロフィールの情報量が少ない

悪い口コミ評判のまとめ・考察

登録者が少ない、という指摘が多くみられました。前述の通り運営さんは頑張っているようなので今後の伸び代に期待です。

あと、プロフィールが薄い件ですが、おそらくライトな目的だから書きづらいのでは、と思っています。身バレもしたくないですしね。

【本音】管理人がCuddleカドルを使ってみた感想

様々なアプリを使ってきた管理人が、Cuddleカドルを使ってみた、ぶっちゃけた感想を紹介します!

  • ライトな目的の人が多い
  • やっぱり基本は写真ゲー
  • 登録者は多くない

ライトな目的の人が多い

これは意外だったんですが、カドルは遊び目的の人が多いです。
女性のカカオ保有率の高さよ……

運営もそんなこと一言も言ってないですし、なぜそうなのかもよくわかりません。
が、少なくとも女性については「慣れた人」が多く集まっているので、遊びたい人はチャンスですよ……!

やっぱり基本は写真ゲー

まず重要なのは、写真が大きく表示される設計なため写真ゲームです。いかに良い写真を用意できるか=出会えるか、だと思ってください。

管理人のひげ

既婚者クラブはボカシ入りなので、ここが大きな違いだよ!良い写真を用意してから挑むのが吉!

ちなみに、女性ユーザーの目的は遊び100%のtinderよりは真面目だけど、恋愛系が多い既婚者クラブは遊びたい、っていう中間ぐらいのニーズが結構多い感じ……
ちょっと僕自身もまだここは掴みきれてないので、もう少しリサーチ続けようと思います!

登録者は多くない

何度も紹介してますが、登録者はそんな多くないです。スワイプすぐやり切っちゃうのが今のところネックです。

ちなみに「ぶっちゃけ利用者数少なくないっすか??」と運営さんに聞いてみた結果↓

ということで、これからの伸び代にめっちゃ期待できそうです!

個人的には登録者が少ない=身バレリスクは低いとも言えるので100%のネガティブって訳でもないのかなと思っています。
利用者が少ないのは異性も一緒ですし、その分やりとりが丁寧に進んでいく(なぜなら他に人がいないから!)というプラス面もあると見ています。

こういう見方もできるよ、という好例↓

つまり、人数は少ないものの、その分リスクは低いし、丁寧にやりとりが進むので良い関係が維持しやすい!というのが現状のCuddleカドルだと思います。

>>Cuddleカドルの公式サイトで無料登録する

もし人数が多い!たくさん出会いたい!という方はやはり王道の既婚者クラブがおすすめです。

3分で完了!Cuddleカドルの登録方法

ここからはCuddleカドルの登録方法を紹介します。まずは自分の地域にどれだけ人がいるのかを確認するのを最優先でやってみましょう!

まずは公式サイトにアクセス(左)
その後、メールアドレスを入力しパスワードを設定→登録します(右)メールはカドルから通知がくる場合もあるので捨てアドレスだと安心です。後から通知設定は可能です。

登録後にプロフィールを設定すればいったんOK。写真登録はマストなので先に用意をしておきましょう。なければ仮でなんでもフォルダにある適当なものを。

あと細かいプロフィール設定もあります。マッチ全然しなくなるので、本格運用前には必ず入力しておきましょう。

あとは表示される異性にいいね!or良くないね!をする→マッチした人とやりとりします(左)。あとは相手からいいねが来ると「相手から」タブに表示されます。

ちなみに、マイページ>検索条件を押すと地域と年齢が指定できます。ただし最初のテスト段階では年齢・地域とも幅広くしてOK。
あとはひたすら良さそうな人にスワイプ。人がいればたくさんスワイプしても人が出てきますし、人がいないとこんな画面が出ます↓

ひとつ注意点ですが、同じ相手にいいねは2度と出来ません。あまりたくさんスワイプし過ぎない方が良いです。もしたくさんやりすぎた場合は一度退会して再登録をするのがおすすめです!

【参考】僕は既婚者クラブで使ったのと同じプロフを利用してます。使い回しは全然問題なかったです!どんな内容かは以下の記事に詳しいので見てみてくださいね

>>既婚者クラブの攻略記事はこちらから

Cuddleカドルの退会方法と注意点

Cuddleカドルからの退会は、オンラインで24時間、簡単にできます。

方法は、マイページ>各種設定>退会するをクリック(左はその後の画面の下端)。
その後、(いろいろ脅しがきますがw)複数の画面を通じて退会理由を記載すれば退会は完了です。

注意事項にも記載がありますが、退会すると掲載していたデータが削除され、有料プランが自動解約(残り期間は問わず)となるので、退会を考えていた方は気をつけてくださいね。

裏技:Cuddleカドルを50%オフで使う方法(2022年12月確認)

(追記:2023年1月時点では使えないようです……残念。以下は過去の情報です)

ここだけの話ですが、登録後に即退会しようとすると、「今なら50%オフになるクーポン」が出てきます。

対象者や終了時期は不明なのですが、もし課金を迷っているという方は、無料のまま退会手続きを進めると半額で使えるようです。
退会手続きは、マイページ>各種設定>退会する、で手続きできます。

Cuddleカドルが向いてないかも……という方は

とはいえ、人数が少ないのは厳しいな……という方は「既婚者クラブ」がおすすめです。利用者も多いので出会いの数も確保できると思います。
気になる、という方は以下の記事からチェックしてみてくださいね。

【口コミ・評判】既婚者クラブは怪しい?をユーザーが徹底解説 この記事では既婚者向けのマッチングアプリ「既婚者クラブ」について、 実際に使ってみたいいところ、悪いところは?利用者の口コミが知...

>>【口コミ評判】既婚者クラブは怪しい?をユーザーが徹底解説

まとめ:Cuddleカドルはこんな人におすすめ!

ここまでのまとめとして、Cuddleカドルが向いている人はこんな人だと思います。

  • 信頼できる相手と丁寧にやりとりしたい人
  • 男性→他のアプリも使っていてサブ的に使いたい人
  • 女性→既婚者アプリを試してみたい人

一方で、逆に向いてないと思う人はこんな人。既婚者クラブか真面目な出会いに特化したヒールメイトの方が合ってるでしょう。

  • とにかく数!な人
  • 質より量を追いかけたい人

ということでCuddleカドルはUIや使い心地はもちろん、安全性面では非常に好印象のアプリ。運営の熱量も高いので、さらなる盛り上がりも期待できます。

ただ、伸び盛りということもあるのでお住まいの地域でどれだけ登録者がいるかは確認しておきましょう。まず無料登録をしてみてくださいね。
ライバルが少ないうちに早めに登録して準備しておきましょ!

公式サイトで無料登録する

>>Cuddleカドルの公式サイトで無料登録する

>>既婚者向けマッチングアプリのおすすめランキングを見る

\既婚者クラブって高くね…?という方へ/

今話題の既婚者クラブで使える、
テンプレートが完成しました。

月々の料金の元が十分に取れる
実際に出会える方法に仕上っていると自負します。

以下のリンクから他の人の口コミはもちろん、試し読みも可能です。
ぜひチェックしてみてくださいね。




>>既婚者クラブの解説記事はこちら

\既婚者クラブを最速攻略/
3ヶ月で150マッチの必勝テンプレートを公開中!
詳しくみる
\既婚者クラブを最速攻略/
3ヶ月で150マッチの必勝テンプレートを公開中!
詳しくみる